“活性酸素”って???


__sozai__/0015934.jpg活性酸素とは?】

 

通常の “酸素” より “エネルギー” が大きくて 活発な酸素 です。

 

呼吸によって 体内に 摂り込まれる “酸素” の 約2% 程度が

「活性酸素」になるといわれています。

 

__sozai__/0007813.jpg

その 「活性酸素」 は非常に強い 殺菌力 と 酸化力 をもっていて体内に入ってしまった 菌 や ウィルス を撃退してくれます。

 

ただし この身体を守ってくれる 「活性酸素」も 過剰 に発生・残存するようになると 身体にとって 害 となってしまいます。

そして その 強い酸化力 のために 周りの細胞を 酸化 してしまい

“DNA” までも傷つけ DNAを切断 するなどして 異常細胞 を生む原因にもなります。

 

こうして本来は 身体を守るはずの 「活性酸素」 が 生活習慣病  その他 多くの病気の

原因の一つであることが 明らかになってきています。

 

また 老化 の根本原因は 活性酸素 でもあります。

 


 

【活性酸素を生む原因】


 喫煙・飲酒  

 ストレス  

 紫外線・X線・放射能  

 細菌・ウィルス  

☆ 酸化した加工食品  

 過激なスポーツ( 呼吸が荒くなり 酸素の摂取量が増える ) 

 


                                               【活性酸素ケアーに関する】



 

【フリーラジカル】

原子・分子の持っている“電子”が“対”になっていない(不対電子) 非常に不安定な状態の「活性酸素」 自分が安定するために周りの細胞から電子(水素)を奪います この“電子を奪う”事が【酸化】なのです。

水素を奪われた細胞は 不安定になるので さらに他の細胞から電子(水素)を奪います この繰り返しで 周りの細胞が次から次へと【酸化】されていくのです。

このフリラージカルは、「活性酸素」の中でも非常に【酸化力】が強く 【酸化】を強力に連鎖させるため 特に“有害”となります。

 

【代表的な活性酸素の種類】

 

1.スーパーオキシド

  フリーラジカルの代表格

  細胞から エネルギーを作り出す際に 代謝の過程で 発生する。

  本来 細菌 や ウィルス 等を攻撃する役割がある。

 

2.ヒドロキシルラジカル

  毒性が強いフリーラジカル ーーー 酸化力は スーパーオキシドの 100倍以上!

  生活習慣病 老化 慢性疾患 の元 ともいわれている。


3.過酸化水素

  スーパーオキシドの副産物

  抗酸化酵素 によって 分解された スーパーオキシドの副産物

  再度 スーパーオキシド や 金属元素 が反応すると ヒドロキシルラジカル になる。


4.一重項酸素

  紫外線に反応して発生

  体内の酸素が 紫外線 に 反応して発生する。

  紫外線を 直接受けている 肌 や 眼 に多く発生する。 

 

 

 

【活性酸素ケアーに関する】